番外編 - 街の記憶

街の記憶

サイト設立 2018年12月7日
内容 「Ranoによる巡検(散策)の記録」というフォーマットでの、都市景観画像の体系的な整理・展示
前身 「シティ東葛」
URL https://machi.mosha2.jp

日本の都市の景観、風景や様子を、写真と文章で紹介するサイト。
2018年12月に"試験公開"として公開されたが、以後小刻みなアップデートを逐次加えながらそのまま本公開の状態となった。

概要

 mosha2.jp内で3年半ぶりに新設された最も新しいウェブサイトで、都市景観画像を取り扱うサイトである。mosha2系3基幹サイトの一つ。

 新たに設立されたサイトではあるが、上記の概要欄にもある通り実質的には「シティ東葛」の後継サイトであり、同サイトのコンテンツ「街の記憶」が独立してできたサイトという表現が正しい。現に、サイト公開当初はほぼ全てのコンテンツがシティ東葛内の街の記憶ページからの移植であった。

サイト新設の経緯

 従来Ranoの運営する都市景観画像集としては「シティ東葛」が存在していたが、他の都市景観画像サイトとの差別化が図れていないということや、サイト自体が古いこともありスマートフォン対応やセキリュティ強化などができておらず、遅かれ早かれサイトを大きく作り変える必要があった。(また「シティ東葛」という名前自体がサイト設立当時Ranoが在住していた千葉県"東葛"地域からきているということもあり)既存サイトの継ぎ足しやリニューアルではなく、全く新しいサイトを設立する方が合理的との判断からこうした形が取られた。

 当初は2018年夏頃のオープンを予定されていたが、進捗が芳しくなく、9月以降はRanoの多忙が続いたため製作が途絶えており、2018年12月の開設を目指す形に修正された。最終的に2018年12月7日、RanoがPHPと格闘した末に開設。

 都市景観の写真サイトとして、画像そのものの質・量は共に先行サイトやサービス(Googleストリートビューなど)が卓越していることは自明であるため、それらとの差別化の意味合いもあり2019年に入ってからは作者の目を通した訪問レポート、旅の記録のようなテイストを目指し、徐々に主観的なレポート・日記然とした表現が増えており、Rano自身も「田無」公開時にその旨を仄めかしている。[[[参照:https://twitter.com/ibrn_/status/1203149577802530817]]]

「シティ東葛」時代のコンテンツの取り扱いについて

 すでにあるものを差し置いて新たな都市景観画像サイトを作るということもあり、前身サイトとなる「シティ東葛」内のコンテンツの取り扱いについて(全て引き継ぐか、全く引き継がないか、あるいは…)という点は長い間に渡って判断が渋られていた。

 シティ東葛時代、特に「街の記憶」展開前のコンテンツは、都市に対する知識・見識や"散策力"が足りなかった頃のものが多く、その街の「代表的な景観」を必ずしも切り取れていないページが数多く存在した。ただしこれを(「街の記憶」ページを除いて)全く引き継がないとなるとコンテンツ数が相当寂しいことになるということもあり、結局のところは
・ウェブ写真展:引き継ぎなし(写真点数が少なく、街の全体像が判らないため)
・街歩記:検討中(事実上「生駒」のページのみのため。写真点数に関しては十分。)
・市街地画像集:写真点数が多く、「代表的な景観」が概ね写っているものに限り継承
という方針が決定した。
これに伴い、試験公開日の12月7日には早速「船橋駅周辺」の市街地画像集が街の記憶に移転され、
サーバー容量確保の観点から、移転後にはシティ東葛の該当ページは削除された。

技術的な特徴

このサイトは、Ranoのそれまでの技術的蓄積の成果的なサイト作りという点も大きい。
これまでのRano管理ウェブサイトになかった特徴として以下が挙げられる。
  • PHPの採用
    • 膨大なページを要する都市景観画像サイトの特性から、ウェブサイトのページを手書きで全て書き換えなければいけないhtmlファイルから動的な書き換え・ページ生成が可能なphpに変更。管理の効率化に繋がった。
  • タグ機能の実装
    • コンテンツ(ページ一覧など)をデータベースでの管理とし、街並み画像ページそれぞれに「タグ」機能を実装し、検索性が格段に向上した。都道府県・市区町村など分類別のページも自動生成されるようになった。

沿革

  • 2019年6月16日 - フリータグ検索、2つまでのキーワードのand検索に対応。
  • 2019年12月12日 - 「仙台駅周辺〜一番町」ページ公開。30ページ達成。
  • 2020年3月21日 - 「岐阜中心部」公開。
  • 2020年3月29日 - 「多治見」公開。
  • 2020年3月30日 - 「大分中心部」公開。
  • 2020年6月23日 - 「藤沢」公開。

余談

  • 徐々に各ページが検索エンジンにインデックスされているためか、2019年6月ごろにはmosha2系サイトで基幹サイトと位置付けられていたANOTHER CITIES(空想地図サイト)をPV数で上回り始めている。

  • 最終更新:2020-06-23 01:16:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード